【モスクワ共同】サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせ抽選会が1日、モスクワのクレムリンで行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング55位で6大会連続6度目の出場となる日本は1次リーグH組に入り、同13位のコロンビア、23位セネガル、7位ポーランドの順で対戦することが決まった。

 いずれも格上の強敵相手となるが1次リーグの全8組で唯一、W杯優勝経験のあるチームが入らず、強豪がひしめく「死の組」は避けられた。

 前回14年ブラジル大会ベスト8で、日本が1次リーグで惨敗したコロンビアとの初戦は、6月19日午後3時(日本時間午後9時)にサランスクで行われる。24日午後8時(同25日午前0時)にはエカテリンブルクで02年日韓大会以来の出場となるセネガルと第2戦。28日午後5時(同11時)の最終戦で昨年の欧州選手権8強のポーランドに挑む。

 会場で抽選を見届けたバヒド・ハリルホジッチ日本代表監督はコロンビア戦を1次リーグ突破のポイントに挙げ「前回のリベンジという意味合いもある。しっかり準備と分析をしたい。何人かハイレベルの選手がいる」と話した。

 前回優勝のドイツは韓国、メキシコ、スウェーデンとのF組、強豪ブラジルはスイス、セルビアなどとのE組。ポルトガルとスペインはB組に入った。

 大会は32の国・地域が参加。6月14日に開催国ロシア−サウジアラビアで開幕し、モスクワなど11都市12会場で7月15日の決勝まで、64試合の熱戦が繰り広げられる。