下野市議会で初の議場コンサート 筝愛好家が演奏披露

 【下野】定例市議会一般質問が行われた1日、議場を舞台にした演奏会が初めて開かれ、市内外の琴演奏愛好家で組織する「箏こと)・樹陽(じゅよう)会」のメンバーが美しい音色を響かせた。

 議会に親しんでもらうとともに、文化芸術活動を推進する狙いで市議会と市文化協会が主催した。

 箏・樹陽会は本年度の文化庁事業として琴の伝統文化継承活動を市内外で展開。この日は、コンサート部門代表の近藤有里子(こんどうゆりこ)さん(38)らが「近江八景」や「ひぐらし」などを披露した。