幹事会後、参院選の結果などについて話す松井幹事長(左)=24日夜、宇都宮市内

 立憲民主党県連は24日夜、宇都宮市内で幹事会を開き、参院選の結果について協議した。幹事会後の記者会見で松井正一(まついしょういち)幹事長は「与党支持層にどう食い込めるかが課題」と振り返った。

 立民は栃木選挙区で野党統一候補の新人加藤千穂(かとうちほ)氏を擁立し、自民党現職の高橋克法(たかはしかつのり)氏に敗れた。

 今回の野党統一候補は、無所属だった前回参院選と異なり、立民公認だった。松井氏は「立民としては党公認であることに抵抗感はなかったが、連携の部分で他の野党に届いていなかったかもしれない。全国の状況を含め、分析しないといけない」と述べた。

 加藤氏の今後の政治活動については「全くの白紙」とした上で、松井氏は「県連の一員として引き続きもり立ててほしい」と求めた。

 参院選結果は総支部単位で意見集約し、8月の幹事会で総括する。