蔵の町でコーヒーフェス 町おこしに16店50種の飲み比べ 9日、栃木駅北口広場

 【栃木】市内外のコーヒー店が出店するイベント「TOCHIGI COFFEE FESTIVAL(トチギコーヒーフェスティバル)」が9日、栃木駅前北口広場で開かれる。市内でコーヒーを提供する店が増えてきたことを機に、町おこしにつなげようと市内の若手有志らが企画。県内でコーヒーの祭典は初めてという。16店の約50種類の飲み比べができるほか、軽食や雑貨店を集めたマルシェも同時開催する。

 大平町富田で毎年開かれる異文化交流イベント「アメリカンフェスティバル」を主催する同実行委員会(佐山輝(さやまひかる)実行委員長)が企画、運営する。

 最近2年間で市内にコーヒーを提供する店が増えたことをきっかけに、コーヒーで蔵の街を盛り上げられないかと考えた。佐山さんらは「コーヒーのテイスティングができるイベントを開催したら面白いのでは」と市内外のコーヒー店に声を掛け実現した。

 テイスティングは事前予約1千円(先着350人)で、テイスティング用のマグカップ(125ミリリットル)とコーヒーが3杯飲めるコインが買える。このほか雑貨店が9店、焼き菓子やハンバーガーなど飲食店の10店が参加する。