県公安委員会は24日、 暴力団対策法(暴対法)に基づく中止命令を受けていた宇都宮市、指定暴力団住吉会系、無職の男(26)に対し、暴力的要求行為を繰り返す恐れがあるとして、再発防止命令を出した。