「足利流こども食堂」初開催 子どもの孤食減少目指す

 【足利】地域に居場所をつくり、子どもの孤食を減らすことを目指す「足利流こども食堂『ふれ愛よこまち』」が26日、葉鹿町の「コミュニティーカフェよこまち」で初めて開かれた。12月以降は毎月第3日曜日に定期開催される。

 特定の地域課題の解決を目的に寄付を集める「赤い羽根おうえんプロジェクト」の一環。寄付を募った市社会福祉協議会によると、「孤食を防ぐ」という子ども食堂本来の目的を重視した居場所として、今後も数を増やす方針という。

 ふれ愛よこまちは、葉鹿地区社協などで構成する運営委員会が事業主体となる。協力団体の一つの社会福祉法人「渡良瀬会」が運営するコミュニティーカフェを会場に、地域のボランティアがスタッフを務める。