喜連川商工会で飼われている「金色」のドジョウ

 【さくら】道の駅きつれがわ内にある喜連川商工会で「金色」のドジョウ1匹が飼われており、「珍しい」と話題になっている。

 体長は約10センチ。鹿子畑、運送会社会長高橋宏(たかはしひろし)さん(75)が今月中旬、那須烏山市上川井の江川に仕掛けた網かごの中に入っていた。網かごは食用のドジョウを捕らえるために設置していたが、変わった色をしていたので、訪れた人に見てもらおうと同商工会に持ち込んだ。

 県なかがわ水遊園の小林直人(こばやしなおと)さんは「ドジョウの種類は分からないが、個体が黄変したもので、大変珍しい。目立つのでここまでは育たない」と話している。