栃木市旭町の飲食店で21日未明、40代男性が拳銃で撃たれ重傷を負った事件で、店内にいた被害男性のグループと、発砲したとされる男のグループとの間に金銭トラブルがあったとみられることが22日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警によると、事件直前に店内で、男性ら4人のグループと、別の3人ほどのグループの客同士が口論になったという。その後、1人の男が拳銃で男性を1発撃ち、仲間とともに逃走した。県警はトラブルから事件に発展した可能性があるとみて、殺人未遂事件として捜査している。