長野県佐久市で開かれた2015年熱気球日本選手権(提供写真)

今年4月に開かれた「渡良瀬バルーンレース」

長野県佐久市で開かれた2015年熱気球日本選手権(提供写真)

長野県佐久市で開かれた2015年熱気球日本選手権(提供写真)

長野県佐久市で開かれた2015年熱気球日本選手権(提供写真) 今年4月に開かれた「渡良瀬バルーンレース」 長野県佐久市で開かれた2015年熱気球日本選手権(提供写真) 長野県佐久市で開かれた2015年熱気球日本選手権(提供写真)

 栃木市は22日、熱気球パイロットの日本一を決める日本選手権を2020年4月に同市藤岡町の渡良瀬遊水地で県内で初めて開くと発表した。日本気球連盟が21日の理事会で正式決定した。関東でも初めての開催となる。

 市町合併による新栃木市誕生10年を記念する開催。市と、毎年春に同所で行われる熱気球の国内年間レース開幕戦「渡良瀬バルーンレース」の実行委員会が主催する。4月3~6日の4日間、同レースを兼ねて開く。