男子フルーレ団体順位決定戦で英国を破り9位になった日本の三宅(左から2人目)、鈴村(中央)、敷根(右端)=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】フェンシングの世界選手権第8日は22日、ブダペストで団体が行われ、8強入りを逃して順位決定戦に回った男子フルーレ(松山、三宅、敷根、鈴村)と女子サーブル(江村、福島、青木、田村)の日本は、ともに9位だった。23日の最終日を待たずに個人、団体とも2大会連続でメダルなしが確定した。

 日本は9、10位決定戦で男子フルーレは英国に45―41で競り勝ち、女子サーブルはポーランドを45―34で退けた。