181チームの頂点へ全力プレー 県少年サッカー開幕【動画】

181チームの頂点へ全力プレー 県少年サッカー開幕【動画】

 県内最大規模の小学サッカーの祭典「第46回県少年サッカー選手権大会」(県サッカー協会、下野新聞社、栃木放送主催)が18日に開幕、26日までの延べ4日間にわたる熱戦の火ぶたが切られた。

 ◆WEB写真館はこちら

 メインの選手権の部には、昨年より5チーム多い181チームが出場した。開会式は壬生町総合公園陸上競技場で行われ、色とりどりのユニホームをまとった選手たちが堂々とした入場行進を披露。上三川FCの高橋琉希亜(たかはしるきあ)君(12)が力強く選手宣誓をした。

 開会式終了後、選手たちは県内28会場に分かれて1、2回戦に熱戦を展開し、64チームが3回戦に駒を進めた。

 大会第2日は19日、芳賀町の上の原緑地公園などで3、4回戦を行い、ベスト16が決定。23日に5回戦と準々決勝、26日に準決勝と決勝を行う。