受賞記念し「特別号外」印刷 新聞「感想文」と「スクラップ」コンクール表彰式【動画】

受賞記念し「特別号外」印刷 新聞「感想文」と「スクラップ」コンクール表彰式【動画】

 第14回「新聞を読んで」感想文コンクールと第6回しもつけ新聞スクラップ作品コンクール(下野新聞社、下野新聞下野会主催)の表彰式が18日、鹿沼市の鹿沼総合体育館フォレストアリーナと下野新聞印刷センターでそれぞれ行われた。受賞者は同センターの見学会に参加し、受賞記念の「特別号外」を受け取った。

 感想文は、入賞入選作に選ばれた小中高生40人と学校賞6校が表彰された。下野新聞下野会の大橋志郎(おおはししろう)副会長は「素晴らしい作品が多く、新聞には将来の夢や展望が変わるような出合いがあると改めて思えた」と講評した。

 スクラップ作品は、上位入賞した小中生24人と学校賞4校が表彰された。下野新聞社の岸本卓也(きしもとたくや)社長は「新聞を読んで読解力を付けていただき、いろんなことに関心を持ってもらいたい」と語った。

 見学会では輪転機が特別号外を刷り上げる様子を見学した。大田原市佐久山中3年前田愛花(まえだあいか)さん(15)は「普段は見られない場所を見学できて勉強になった。スクラップのテーマにしたことがこれからどうなるか注目して新聞を読んでいきたい」と話した。