明智平レストハウス解体へ 日光・いろは坂 跡地に展望スペース整備方針

 日光市の第二いろは坂(上り専用)にあり、奥日光の玄関口として親しまれてきた休憩施設「明智平(あけちだいら)パノラマレストハウス」(日光市細尾町)が解体されることが17日、分かった。跡地には展望スペースを整備し2017年7月から営業を始める予定。隣接する「明智平ロープウェイ」は営業を続ける。

 所有する東武鉄道が明らかにした。レストハウスは建物の老朽化に伴い、16年4月から営業を休止していた。今月20日、取り壊し工事を始める。敷地内に現在設置されている仮設トイレは工事中も使用できるという。