4回、沼尾の適時二塁打で得点して喜ぶ今工ナイン=県営

3失点完投で国学栃木に勝利し、ガッツポーズの石橋・山崎=清原

3回、佐野日大の清水の適時二塁打で松本がヘッドスライディングで生還=県営

2回、作新の横山が左越えに適時三塁打を放つ=清原

4回、沼尾の適時二塁打で得点して喜ぶ今工ナイン=県営 3失点完投で国学栃木に勝利し、ガッツポーズの石橋・山崎=清原 3回、佐野日大の清水の適時二塁打で松本がヘッドスライディングで生還=県営 2回、作新の横山が左越えに適時三塁打を放つ=清原

 第101回全国高校野球選手権栃木大会第8日は21日、県営、清原の2球場で3回戦の残り4試合を行い、シードの佐野日大、作新に加え、ノーシードの石橋、宇商が準々決勝進出を決めた。

 佐野日大は11安打12得点と打線がつながり12-2の五回コールドで真工に完勝。二回に中島啓太(なかじまけいた)、藤沢涼介(ふじさわりょうすけ)が連続適時打を放つなど序盤の猛攻で相手を圧倒した。作新は小山西を12-2の五回コールドで下し、11年連続の8強進出。2点を追う二回に横山陽樹(よこやまはるき)の適時三塁打などで逆転し、四回は打者13人で一挙9点を奪った。

 石橋はシード国学栃木に5-3で競り勝った。同点で迎えた八回に小林到(こばやしいたる)からの4連打で勝ち越しに成功。守っては先発の2年山崎巧翔(やまざきたくと)が要所を締め、3失点完投した。宇商は7-2で今工を下し6年ぶりの8強入り。1点リードの六回に佐藤大晟(さとうたいせい)の適時打などで4点を追加。主戦高根沢元(たかねざわげん)は14奪三振の好投を見せた。

 22、23日は予備日のため試合はなし。大会第9日は24日、県営球場で青藍泰斗-宇工と作新-佐野日大、清原球場で文星付-宇短大付と宇商-石橋の準々決勝4試合を行う。