原発問題の現状について考えた公開授業=21日午後、宇都宮市峰町

 東京電力福島第1原発事故が市民生活に及ぼした影響を考える公開授業「原発震災に向き合い続ける」が21日、宇都宮市峰町の宇都宮大峰キャンパスで開かれた。原発事故や放射能問題に相対し続ける福島県内の女性らの報告などを通し、原発問題の現状を考えた。

 同大国際学部の清水奈名子(しみずななこ)准教授の研究室などが主催。原発事故後、東電幹部らを告訴、告発した福島原発告訴団団長の武藤類子(むとうるいこ)さん、福島県内の母子の保養支援に取り組む疋田香澄(ひきたかすみ)さんのほか、同大の学生などが取り組みを紹介した。