好評の菜種油、今年も発売 佐野の農業グループ

 【佐野】船越町の農業グループ船越北町会「夢大地」は15日、戸室町のJA佐野三好農産物直売所で、同グループが栽培した菜の花で搾油した菜種油を発売した。75本(1本345グラム、税込み800円)を用意し、初日に約60本が売れた。

 同グループは耕作放棄地に菜の花やレンゲを栽培し、祭りを開くなどして地域の活性化に貢献。昨年、美景観活動に使用した菜の花を搾油し、エクストラヴァージンオイルとして約90本販売したところ、即日完売するほど好評だった。

 今年は約3千平方メートルの耕作放棄地に栽培した菜の花を6月に収穫。黄金色に輝く透明の油は独特の香りを放ち、サラダや炒めものに使用できる。