三田主将(左から3人目)ら部員に農産物を贈る菊地組合長(同2人目)

 【大田原】地元農産物で黒羽高相撲部を応援しようと、JAなすのは18日、同校で選手たちにコメや旬の野菜などを贈り、全国大会に向け激励するとともに継続支援を約束した。

 相撲部は創部41年で、全国高校総体県予選で団体優勝21回の強豪。この日は地元産コシヒカリ「なすそだち」10キロをはじめ、同JA管内の生産量が県内一のアスパラガス5キロ、ナス10キロ、豚肉5キロが贈られた。