高校生がガイドに挑戦 壬生の歴史、観光地をPR ボランティアの会と連携

高校生がガイドに挑戦 壬生の歴史、観光地をPR ボランティアの会と連携

 【壬生】町役場で職業体験を行っている壬生高1年生が8日、「壬力(みりょく)の町ガイドボランティアの会」の活動に参加し、町内を案内するガイド役に挑戦した。同会が地元の高校生と連携するのは初めて。

 ガイドを担当したのは佐藤舞(さとうまい)さん(15)、荒川光希(あらかわみつき)さん(15)、臼井和馬(うすいかずま)さん(16)の3人。この日から始まった職業体験の一環として、町を訪れた人たちに観光地や史跡について説明する同会の活動について学んだ。

 同会の山田忠夫(やまだただお)副会長(72)らと一緒に「栃木市観光ボランティア協会」のメンバーを案内。精忠神社や興光寺などを巡り、手旗を持って先導役も担当した。