2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの企画として、トーチを国際宇宙ステーションに運び、日本人宇宙飛行士がトーチを手に地球と交信を行う方向で関係機関が調整を進めていることが19日、分かった。