ソフトボール、東陽サンライズ初V 栃木県小学生女子新人大会

ソフトボール、東陽サンライズ初V 栃木県小学生女子新人大会

 第31回県小学生女子ソフトボール新人大会(県ソフトボール協会、下野新聞社主催)最終日は4日、宇都宮市の道場宿緑地公園で3位決定戦、決勝を行い、決勝は東陽サンライズ(那須)が8−0で豊浦フェアリーズ(那須塩原)にコールド勝ちし、初優勝を飾った。

 東陽サンライズは初回、児玉愛心(こだまあこ)の適時内野安打で先制。さらに2死二、三塁から渡辺千晶(わたなべちあき)の適時三塁打に敵失も絡み、この回一挙4点を挙げた。三回は益子紗奈(ましこさな)の中越え適時三塁打、渡辺千の左越え2点本塁打で3点を加えてリードを広げた。守っては主戦益子が2安打、8奪三振で完封した。

 豊浦フェアリーズは主戦杉山美桜(すぎやまみお)が力投したが打ちこまれて7失点。打線も相手好投手を攻略できず2安打と、投手陣を援護できなかった。