箱わなにイノシシ11頭 過去最多の捕獲 鹿沼・板荷地区

 【鹿沼】板荷地区内に設置されている箱わな7カ所のうちの1カ所に、イノシシ計11頭が掛かっているのを3日朝、近くに住む男性が発見した。わなは県猟友会鹿沼支部の板荷地区担当が約1カ月前に設置した。同地区でここまで多くのイノシシが一度に捕まった例はないとされ、これまでの最多は6頭だったという。

 わなの設置場所は板荷コミュニティセンターの南西約600メートルの田んぼや畑付近。2日夕、箱わな(高さ・横各90センチ、奥行き200センチ)に餌をまいていた。イノシシは親3頭、子8頭で、体長は親が120センチ前後、子は約90センチ前後。

 同地区内では10月、バイクと動物の接触が原因とみられる死亡事故が発生している。