自民党候補の応援演説をする河野外相=16日午後、JR那須塩原駅前

 河野太郎(こうのたろう)外相が16日、参院選栃木選挙区(改選数1)の自民党現職候補の応援で来県し、「安定した政治基盤の上で、安倍外交を引き続き前へ進めていきたい」と街頭演説で訴えた。

 JR那須塩原駅前では、トランプ米大統領のツイートをきっかけに6月行われた米朝首脳会談に触れ、「(実現したのは)ひとえにトランプ大統領の政治基盤が安定しているから」と指摘。「外交を進める上で一番大事なのは、国内の政治基盤が安定しているかどうかだ」と強調した。

 ロシアや中国、中東などを相手にまいてきた「外交の種」が今後「収穫の時期」を迎えると表現し、「政治基盤の安定が懸かっている大事な参院選。自公連立政権への変わらぬ支持を(自民現職候補への)1票という形で示してほしい」と訴えた。