那須町で営むカフェの前に立つ増田社長(中央)ら=那須町

 農業生産者と連携し6次産業化を企画運営する「みんなの会社」(大田原市若草1丁目、増田義明(ますだよしあき)社長)は、農業生産者が苦手とされる販売部門を担当し、二人三脚で6次産業化の効果を高めている。これまでに県北の牧場の物販、飲食事業、商品企画などに着手した。新たな農業経営のモデルとして、今後は支援先を広げていく考えで、県北の「地域商社」となり、地域活性化を目指す。

 みんなの会社は、元シェフで経営不振に陥ったホテルを再生させる星野リゾートに勤務経験のある増田社長が、2018年2月に立ち上げた。ホテル再生で培った管理手法を活用する。