県の次期プランと戦略の策定に役立てるため開かれた意見交換会=16日午後、県公館

 次期プランと戦略の策定に向け県は16日、地域で活躍する「エキスパート人材」と福田富一(ふくだとみかず)知事の意見交換会を初めて県公館で開いた。エキスパート人材からの意見やアイデアは、今後の策定作業に役立てる。

 県の人口減少対策「とちぎ創生15(いちご)戦略」は本年度、県の基本指針「とちぎ元気発信プラン」は2020年度が計画最終年度。県は次期戦略を19年度、次期プランは20年度に策定するため作業を進めている。