成年男子400メートル決勝 46秒63で優勝した佐藤(足利銀行)=県総合運動公園陸上競技場、鈴木久崇撮影

少年女子B走り幅跳び 野田(真女高)が自己記録を16センチ更新する5メートル74を跳ぶ

成年男子400メートル決勝 46秒63で優勝した佐藤(足利銀行)=県総合運動公園陸上競技場、鈴木久崇撮影 少年女子B走り幅跳び 野田(真女高)が自己記録を16センチ更新する5メートル74を跳ぶ

 陸上の国体県予選会最終日は14日、県総合運動公園陸上競技場で行われ、成年男子400メートルで佐藤風雅(さとうふうが)(足利銀行)が、国体8位入賞ラインとして設定されたA基準を唯一突破する46秒63で優勝した。

 国体予選通過ラインとして設定されたB基準は5選手が突破。少年男子A400メートルは関根功織(せきねいおり)(宇都宮高)、同走り幅跳びは村上潤(むらかみじゅん)(那須拓陽高)がそれぞれ頂点。少年男子共通800メートルは藤原広翔(ふじわらひろと)(作新高)、同110メートル障害は菅谷拓海(すがやたくみ)(さくら清修高)が制した。少年女子B走り幅跳びは野田楓(のだかえで)(真女高)が女王の座に就いた。 茨城国体の陸上は10月4~8日、ひたちなか市の笠松運動公園陸上競技場で行われる。