ギャラリートークも行われた企画展=13日午前、小杉放菴記念日光美術館

初日は学芸員のギャラリートークも行われた

美しい風景画の木版画83点が展示されている

ギャラリートークも行われた企画展=13日午前、小杉放菴記念日光美術館 初日は学芸員のギャラリートークも行われた 美しい風景画の木版画83点が展示されている

 日本屈指の木版画コレクションから各地の風景美をたどる企画展「平木コレクション 木版画で旅するにっぽんの風景-吉田博(よしだひろし)と川瀬巴水(かわせはすい)を中心に-」が13日、日光市山内の小杉(こすぎ)放菴(ほうあん)記念日光美術館で開幕した。9月8日まで

 同美術館、日光市、同市教委、平木浮世絵財団、下野新聞社主催。平木コレクション約6千点の中から吉田博、川瀬巴水ら近代に特化した木版画83点を展示。大正から昭和初期にかけて衰退の危機にあった木版画界の新たな動きを作品から追う。

 月曜休館(祝日は除く)。