投打にわたる活躍でチームを勝利に導いた佐野松桜の猿橋=県営

1回、宇南の佐々木が左翼へ先制の適時二塁打を放つ=県営

大会歌を歌い上げた宇短大付の岡本鈴香さん

選手宣誓する宇都宮の岸快晴主将

投打にわたる活躍でチームを勝利に導いた佐野松桜の猿橋=県営 1回、宇南の佐々木が左翼へ先制の適時二塁打を放つ=県営 大会歌を歌い上げた宇短大付の岡本鈴香さん 選手宣誓する宇都宮の岸快晴主将

 第101回全国高校野球選手権栃木大会は12日、県営球場で開会式を行った後に1回戦2試合を行い、宇南と佐野松桜が2回戦に進んだ。

◆栃木県高校野球特集

 開幕戦では宇南が13安打を放ち、12-0の五回コールドで完勝。初回に主砲佐々木優斗(ささきゆうと)の左適時二塁打で先制すると、二回には羽石将英(はねいししょうえい)の右越え2点適時二塁打など打者一巡の猛攻で4点を加えた。

 佐野松桜は8-4で鹿沼南を下し、3年ぶりの初戦突破。五、六回に猿橋蓮(さるはしれん)の2打席連続適時打などで計6得点を挙げた。猿橋は投げても7回2失点と好投した。

 大会第2日は13日、県営、清原、栃木市営の3会場で1回戦9試合を行い、今春8強のシード青藍泰斗が足工、前回大会4強の宇工が足利とそれぞれ対戦する。

■2年生、投打で存在感

 投げては7回2失点、打っても3安打3打点。佐野松桜の2年生エース猿橋蓮(さるはしれん)が投打にわたり活躍。新チーム結成以降、公式戦で勝てなかったチームを初勝利に導いた。

 まずは3番打者で流れを引き寄せた。同点で迎えた五回無死二、三塁の第3打席。「得意球をたたけばショックが大きい」と投手心理を読んだ。速球派右腕の直球を狙い、振り負けることなく右越え2点適時二塁打。六回も直球を捉えて2打席連続で適時打を放った。

 マウンドでも下級生とは思えぬ落ち着きぶり。失点した後の三回2死三塁、七回1死三塁のピンチは、「引きずっても仕方ない。気持ちで投げた」と決め球のスライダーで三振に仕留めた。捕手の吉田壮太(よしだそうた)は「得点圏に走者を置くとギアが上がり、球も速くなった」と称賛。川崎秀二(かわさきしゅうじ)監督も「期待通り」と納得の表情だ。

 1年生の弟・昂汰(こうた)がベンチ入りし、「弟に恥ずかしくない投球をしたい」と気合も入った。今春の地区予選では終盤に打ち込まれ小山に1-4、昨秋の県大会は栃商に延長十回2-3のサヨナラ負け。紙一重で勝利を逃した悔しさをようやく晴らした。

 今大会の目標は「少しでも長く3年生と野球をすること」。試合中は自他ともに認める「ポーカーフェース」が相好を崩した。