11日午後5時ごろ、真岡市鬼怒ケ丘、神戸製鋼所の真岡製造所厚板精製工場内で火花が上がっているのを作業員が見つけ、119番した。

 真岡署によるとアルミのプレートを切断する機械の配線を焼いた。付近がショートしたとみられる。