新しく出来た会のロゴを示すマロビネの高橋さん(左)と、月nocoの君島さん

 【茂木】無農薬の野菜や食品などを作る生産者らが集うグループ「オーガニックファミリー 里山マーチ もてぎ」が活動1周年を記念して14日、増井の飲食店で即売&交流会を開く。会員らが自慢の自然食品を持ち寄るほか、生産者とオーガニックに興味のある消費者をつなぐ場にしたいと、特別メニューの準備も進めている。

 会場は小売店STEP-1(ステップワン)敷地内の「こんこん亭」。即売会と交流会には、有機野菜農家や可能な限りオーガニックの材料を使って食品を作っている会員と準会員9店が出店する。夏野菜やニホンミツバチの生蜂蜜、パン、菓子類、卵、ブルーベリーなどが並ぶ。

 ベーカリー「月noco」の君島紀子(きみじまのりこ)さん(38)は、キュウリやトマトなど会員の有機夏野菜をパンに挟んだサンドイッチのスペシャルランチを用意。自然素材の菓子を作る「マロビネ」の高橋(たかはし)あけみさん(38)は、有機栽培のコメを製粉した米粉や果実などを使ったジャーケーキのスペシャルスイーツ2種でオーガニックの魅力を来場者に紹介する。