町が発行する4種類のマップが保管できるマップホルダー

 【益子】町観光協会女性部はこのほど、町が作製・配布している4種類のマップを保管できるマップホルダーを初めて作製した。長堤の道の駅ましこや町観光協会などで配布している。

 町はこれまで、町内のカフェを紹介する「カフェマップ」や町内を自転車で巡ってもらうための「ポタリングマップ」など4種類のマップを作製・配布してきた。

 マップホルダーには道の駅のロゴマークや協会のキャラクターの「まし子さん」をあしらった。担当者は「益子での思い出をしまっておいて、見返したときに、また益子に行きたいと思ってもらえればいいですね」と話している。