県内市町は8日までに、資産公開条例に基づき、首長の2018年1年間の所得を公開した。年間総所得を公開した24市町長の平均額は約1358万円で、17年の平均1447万円(20市町長)を約90万円下回った。前年と比較可能な現職19人のうち11人がプラスで、給与改定による増加を主な理由とするケースが多かった。

 総所得が最も高かったのは、津久井富雄(つくいとみお)大田原市長の4691万円。経営するアパートの修繕費減によって不動産所得が増加した一方、配当所得が減ったため、前年比で11万円のマイナスになったが、県内首長で8年連続最高となった。現職の2番目は佐藤栄一(さとうえいいち)宇都宮市長で1731万円。人事院勧告に応じた給与改定で26万円増えた。

2018年分県内市町長の所得
順位  首長名   市町名  総所得   前年比
 1 津久井富雄  大田原  4691  -11
 2 佐藤 栄一  宇都宮  1731   26
 3 石坂 真一  真岡   1705  266
 4 加藤 公博  高根沢  1678  -82
 5 岡部 正英  佐野   1669   23
 6 和泉  聡  足利   1525    6
 7 大久保寿夫  小山   1483    2
 8 佐藤  信  鹿沼   1402    0
 9 星野 光利  上三川  1377   57
10 花塚 隆志  さくら  1307    -
11 斎藤淳一郎  矢板   1290    1
12 広瀬 寿雄  下野   1129  -66
13 見目  匡  芳賀   1078   -7
14 大塚 朋之  益子   1074   20
15 真瀬 宏子  野木   1072   13
16 川俣 純子  那須烏山 1071    -
17 古口 達也  茂木   1070  141
18 見形 和久  塩谷   1010  -19
19 大嶋 一生  日光   (963)   -
20 福島 泰夫  那珂川   963  -58
21 平山 幸宏  那須   (956)   -
22 入野 正明  市貝    823    3
23 小菅 一弥  壬生    817 -258
24 大川 秀子  栃木   (703)   -
カッコ内は自主公開。さくら、那須烏山、日光、那須、栃木は2017年との比較なし。単位は万円。千円の位を四捨五入