ファンで埋め尽くされたブレックスの昨季ホーム開幕戦=昨年10月12日、ブレックスアリーナ宇都宮

 「驚き」「栃木の名がないのは残念」-。バスケットボールBリーグ初代王者の栃木ブレックスが「宇都宮ブレックス」への名称変更を発表した8日、県内の自治体関係者やファンはさまざまな反応を見せた。

 福田富一(ふくだとみかず)知事は「『栃木ブレックス』として栃木の名を全国に知らしめていただいたことに感謝したい。名称変更はチームの将来を見据え十分に検討した結果だと思う。今後もさまざまな機会で本県を全国にPRしてほしい。県としてはこれまで同様『オールとちぎ』で応援していく」とエールを送った。

 宇都宮市の佐藤栄一(さとうえいいち)市長は「チーム名に宇都宮を掲げていただき、ありがたく感じる。本市はホームタウンとしてブレックスと連携し、バスケットボールを活用したまちづくりに取り組んできたところであり、今後もブレックスのさらなる活躍に向けて応援していく」とコメント。