県内で7日までの10日間の日照時間が各地で平年比5~26%にとどまったことが8日、宇都宮地方気象台のまとめで分かった。前線や湿った空気の影響で、雨や曇りの日が多かった。今後も2週間程度は、日照時間が短い状態や最高気温が平年を下回る日が続く見込み。同気象台は、農作物の管理などに注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、6月28日から7月7日まで10日間の日照時間は、今市が1・5時間と県内の14観測地点で最も短く、平年比5%だった。鹿沼が2時間で6%、小山が2・1時間で6%と続いた。宇都宮は3・3時間で11%。

県内の日照時間と平年比
(6月28日~7月7日)
観測地点  日照時間(時間) 平年比(%)
宇都宮     3.3    11
日光      2.3     8
那須高原    3.7    13
五十里     9.2    26
黒磯      3.5    11
土呂部     5.7    19
大田原     4.9    14
今市      1.5     5
塩谷      2.8     9
那須烏山    4.5     -
鹿沼      2.0     6
真岡      4.1    11
佐野      2.6     8
小山      2.1     6
※那須烏山は統計期間10年未満のため平年値がない