選手宣誓の希望者173人の中から当選した天神町学童の吉森主将(中央)=作新大清原ホール

 第50回記念県学童軟式野球大会兼マクドナルドカップ第36回町内選抜学童軟式野球大会に出場する全236チームの組み合わせが7日に決まり、前回優勝の犬塚学童(小山)は27日午後1時半から、栃木市運動公園B球場で過去3度優勝の桜学童(宇都宮)と対戦することが決まった。

 第50回を記念して過去最大規模で開催される今大会。25日午後6時半から清原球場で行われる開会式で開幕し、試合は27日からスタート。週末を中心に延べ10日間にわたり県内各地で熱戦を展開し、決勝は8月31日午後5時から同球場で初のナイター開催となる予定。

 組み合わせ抽選会では、導入する「記念大会特別ルール」などについて説明。1、2回戦は試合終了まで1イニング10点を超えた時点で攻守交代となることや、投手の1日の投球回数はタイブレーク2イニングを含む最大9イニングとした。

 抽選会で県野球連盟の中山勝二(なかやまかつじ)会長や渡辺起祐(わたなべかつゆう)専務理事らが「長期間の戦いになるが、体調に気をつけながら頑張ってほしい」とエールを送った。