女子3年100メートル決勝 県中新の12秒04で優勝した福田(矢板、右)=佐野市運動公園陸上競技場

女子共通砲丸投げ決勝 大会新の14メートル57で優勝した大野(若松原)=佐野市運動公園陸上競技場

女子3年100メートル決勝 県中新の12秒04で優勝した福田(矢板、右)=佐野市運動公園陸上競技場 女子共通砲丸投げ決勝 大会新の14メートル57で優勝した大野(若松原)=佐野市運動公園陸上競技場

 第65回全日本中学通信陸上県大会は6日に佐野市運動公園陸上競技場で開幕。男女13種目を行い、26人が全国大会出場を決めた。女子3年100メートルでは福田蒼依(ふくだあおい)(矢板)が12秒04の県中学新記録で優勝。共通走り幅跳びと合わせて2冠を達成した

 女子共通砲丸投げは大野明日美(おおのあすみ)(若松原)が14メートル57の大会新記録で優勝。1500メートルは星野梨歩(ほしのりほ)(黒磯北)が4分32秒04で制した。

 男子共通200メートルは熊倉直希(くまくらなおき)(田沼西)、3000メートルは山口彰太(やまぐちしょうた)(足利二)、800メートルは山口聡太(やまぐちそうた)(同)、走り高跳びは松田永遠(まつだとわ)(真岡東)が頂点に立った。