製品パッキングを競う選手ら=6日午前、宇都宮市若草1丁目

接客サービスを競う選手ら=6日午前、宇都宮市若草1丁目

製品パッキングを競う選手ら=6日午前、宇都宮市若草1丁目 接客サービスを競う選手ら=6日午前、宇都宮市若草1丁目

 第18回県障害者技能競技大会「とちぎアビリンピック」が6日、宇都宮市若草1丁目の栃木職業能力開発促進センターなどで開かれた。県内の特別支援学校の生徒や企業の従業員ら約90人が参加し、日頃培った技能を競い合った。

 障害者の職業能力向上や雇用促進、地位向上を目指し、高齢・障害・求職者雇用支援機構栃木支部と県が主催する。大会は喫茶サービスや製品パッキング、ビルクリーニングなど10種目で実施され、選手たちは真剣なまなざしでそれぞれの競技に臨んでいた。

 金賞受賞者は次の通り。

 ワード・プロセッサ 石川千滉(沖ワークウェル)▽表計算 山本勇(栃木銀行)▽喫茶サービス 日野花音(特別支援学校宇都宮青葉高等学園)▽ビルクリーニング 白石愛花(国分寺特別支援学校)▽製品パッキング 菅沼莉緒(今市特別支援学校)▽オフィスアシスタント 小林琉夏(国分寺特別支援学校)▽パソコンデータ入力 速水佑樹人(NPO法人ひとつの花)▽木工 小林啓一(国分寺特別支援学校)▽データベース 池田陽祐(山王テック)