飯塚で4月に捕獲されたイノシシ(小山市提供)

 2018年度に小山市内で捕獲されたイノシシは100頭となり、初めて三桁の大台に乗ったことが、市農政課のまとめで分かった。19年度に入ってからも4~6月の3カ月間で23頭が既に捕獲され、前年同期の9頭を大幅に超え、生息頭数の急増ぶりがうかがえる。農作物への被害や人的被害の恐れもあるため、市は警戒を強めている。

 市によると、18年10月~19年3月、県と市が思川河川敷に13基の箱わな、くくりわなを設置し、市が71頭、県が29頭のイノシシを捕獲し合計100頭となった。昨年度の農作物への被害額はサツマイモやトウモロコシなど推計58万8千円。これまでのところ自家消費用がほとんどで、捕獲圧力を高めて被害の拡大を水際で食い止めている。

 イノシシは年に1回出産し4、5頭の子を産む。かつては市内では生息していなかったが、生息域の県西部から河川敷伝いに移動してきたとみられる。15年度に市内で2頭が初めて捕獲され、16年度に14頭、17年度に46頭捕獲とねずみ算式に増えた。現在は市北西部の思川周辺に100頭前後が生息しているとみられ、農地や集落、ゴルフ場などで出没が確認されている。