J2栃木SCは1日、ドイツのフォルトゥナ・デュッセルドルフU23からMF三宅海斗(みやけかいと)(21)=174センチ、72キロ=が完全移籍で、韓国の済州ユナイテッドFCからFW金玄(キムヒョン)(26)=190センチ、86キロ=を12月31日までの期限付き移籍で獲得したと発表した。背番号は三宅が31、金は47。

 岡山県出身の三宅は東福岡高(福岡)時代に日本高校選抜、鹿屋体大時代はU19全日本大学選抜入り。大学在学中に渡独し、フォルトゥナに入団。クラブを通じ、「栃木ですごす一日一日を楽しみながら、チームの良いスパイスになりたい」とコメントした。

 金はU18~23まで各世代の韓国代表としても活躍し、Kリーグでは7年間で通算19得点。クラブを通じ、「チームのために全力で努力し、自分の持ち味を最大限に発揮できるよう日々精進していきたい」とコメントした。