土台部分の付け根から倒されたウマの木像=6月28日午後、足利市助戸新山町

 足利市助戸新山町の市助戸新山公園に設置されたチェーンソーアートの木像4体が壊されるなどの被害に遭っていたことが1日までに、分かった。木像は助戸新山町自治会員ら地元住民が3年前から寄贈し続けてきたもので、公園内に24体設置されていた。足利署は器物損壊事件として調べている。