那珂川署前の池に咲くハスの花

 【那珂川】北向田(むかだ)の国道293号沿いにある那珂川署前の池で、ハスの「舞妃蓮(まいひれん)」が大きな花を咲かせ、署を訪れた人や通行人に初夏の訪れを告げている。

 舞妃蓮は、生産者が当時皇太子妃だった美智子さまのイメージに重ねて名付けたとされる。淡い黄色地にピンクで縁取られた美しい花が、池一面に爽やかに咲き誇っている。

 毎年地元の北向田環境保存会が池の水草取りなどを行っているが、今年は那珂川署員が池の中を清掃したことで、よりきれいなハスの花を見ることができる。

 国道を通ったときに偶然見つけたという水戸市三の丸1丁目、カメラ店経営砂押憲正(すなおしのりまさ)さん(72)は「大きくて色がいいですね」と話し、うれしそうにカメラのシャッターを切っていた。

 同署によると、ハスの花は早朝から咲き始め、午後には閉じてしまうという。見頃は今週いっぱい。