アジア太平洋地区大会に向けて練習する藤沢=宇都宮市内

アジア太平洋地区大会に向けて練習する藤沢=宇都宮市内

アジア太平洋地区大会に向けて練習する藤沢=宇都宮市内 アジア太平洋地区大会に向けて練習する藤沢=宇都宮市内

 中学硬式野球ポニーリーグの日本代表に宇都宮のエース藤沢陽輔(ふじさわようすけ)(14)=真岡西中3年=が選ばれ、1日に宮崎県で開幕するアジア太平洋地区大会(16歳以下の部)に出場する。クラブによると、チームからの日本代表選出は4年ぶり7人目で投手としては2人目。本県チームから唯一選ばれた藤沢は「日本を背負う緊張感がある。支えてくれた人たちへの恩返しのためにも頑張りたい」と意気込んでいる。

 藤沢は左投げ左打ち。真岡西小3年で野球を始め、5年から本格的に投手で活躍。上手投げで120キロ台の直球に、スライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜ、四隅を丁寧に突く投球が持ち味。5月に北海道で行われた日本代表選考を兼ねた大会に関東連盟の一員として出場し、計3回を被安打0と好投した。