水路の生き物を捕る子どもたち

カエルを見つけた子どもたち

水路の生き物を捕る子どもたち カエルを見つけた子どもたち

 【小山】市が募集した「ラムサールふゆみずたんぼ」オーナーによる除草・生き物調査が29日、鏡のふゆみずたんぼ水田で行われ、県内外から約200人が参加した。小雨の中、子どもたちは泥だらけになりながらカエルやドジョウを見つけては歓声を上げた。

 「ふゆみずたんぼ」は渡良瀬遊水地のラムサール条約湿地登録を機に市が推進している農法で、冬の田んぼに水を張り農薬や化学肥料を使わずに米を育てる。