昨年7月、市中心部を渡御した大神輿

 【日光】7~14日に開かれる今市、瀧尾(たきのお)神社の八坂祭で、氏子町内の青年会による大神輿(みこし)渡御の中止が28日までに決まった。人口減少で担ぎ手不足などのためだという。重さ1トンを超えるという大神輿は、太平洋戦争などで担がれなくなったが、2002年に復活し、祭りの目玉の一つとなっていた。

 大神輿は1・93メートル四方で1904年に造られた。今年の当番町を務める氏子町内の「春日町二丁目」青年会によると担ぎ手は減少傾向にあり、今回は確保が難しいとして中止を決めた。