男子U23の部で10位だった那須ブラーゼンの中村=静岡県小山町

 自転車の全日本選手権ロードレースは29日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、男子U23(119キロ)で真工高出の石原悠希(いしはらゆうき)(インタープロサイクリングアカデミー)がトップと8秒差の3時間7分41秒で5位。中村魁斗(なかむらかいと)(那須ブラーゼン)は10位に食い込んだ。来年の東京五輪に向け、国内では今大会が唯一の代表選考対象レースとなっている女子(140キロ)は与那嶺恵理(よなみね・えり)(アレ・チポリニ)が4時間19分42秒で4連覇を達成。2位は金子広美(かねこ・ひろみ)(イナーメ信濃山形)が入り、2人は2位以内の条件を満たし、代表入りへ前進した。本県のライブガーデン・ビチステンレ勢の4人は途中棄権した。 大会最終日の30日は同会場で男子(227キロ)を行う。