さまざまな表情の富士山の写真が並ぶ写真展

 【真岡】富士山好きの人でつくる「しもつけ富士の会」(永井直(ながいただし)会長)の写真展「富士山の自然」が、下籠谷(しもこもりや)の井頭公園緑の相談所で開かれている。30日まで。

 同会は昨年6月に発足し、県内外の14人が参加する。会場には太陽の光で赤く染まった富士山を捉えた「紅富士」や、山頂を覆うように雲がかかった「傘雲」など、時間や天候の違いでさまざまな表情をみせる富士山の写真計37点を展示している。29日も多くの来場者でにぎわった。

 宇都宮市戸祭2丁目、塙寛(はなわひろし)さん(70)は「誰もが知っている富士山なのに、見たことの無い作品が多い。撮影した人の意気込みが感じられる作品ばかりですね」と感心していた。