葉取り作業をする参加者たち

 【鹿沼】下奈良部町の宇賀神緑販ワイナリー農場で29日、ブドウ作りを体験するイベント「ぶどう畑の里山学校」が開かれ、家族連れなど約200人がブドウの余計な葉を取り除く「葉取り」作業を楽しんだ。

 「かぬま里山ワイン」を手掛ける同社が主催。参加者はグループに分かれ、同社社員から説明を受けながら作業を行った。太陽の光を当てやすくすることで糖度を上げるほか、通気性の向上、病気を防ぐための消毒をしやすくなるという。