初回に中越えの2点本塁打を放ち、生還する栃木GBの飯原(右)=小山運動公園野球場

5回を被安打4、2失点に抑えた栃木GBの先発・前田=小山運動公園野球場

初回に中越えの2点本塁打を放ち、生還する栃木GBの飯原(右)=小山運動公園野球場 5回を被安打4、2失点に抑えた栃木GBの先発・前田=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は28日、小山運動公園野球場で武蔵と対戦、6-2で快勝した。今季初の4連勝で、後期は開幕から負けなし。

 栃木GBは初回、飯原誉士(いいはらやすし)の2点本塁打などで3点を先制した。三回にも2死三塁から谷津鷹明(やつたかあき)の中前適時打で追加点。六回は3連続四球の押し出し、七回はルーカスの適時二塁打で得点を重ねた。先発前田大佳(まえだまさよし)も5回を被安打4、2失点にしのぎ、六回以降は4投手の継投で無失点に抑えた。

 次戦は29日午後1時から、同球場で群馬と対戦する。