真岡市が導入するご当地ナンバーのデザイン

 【真岡】石坂真一(いしざかしんいち)市長は28日の定例記者会見で、来年3月の「全国いちごサミット」などのPRに導入する原付きバイクのご当地ナンバーのデザインを公表した。「いいいちご」の語呂合わせで11月15日から交付する。

 プレート(縦10センチ、横20センチ)の両側に赤くみずみずしいイチゴを配置。「日本一のいちごのまち」の文字も入れた。排気量50cc以下(背景色は白)は1500枚、90cc以下(黄色)と125cc以下(ピンク)は各250枚を作製する。複数のデザイン案から若手職員らの投票で決めたという。

 鹿沼市が24日発表したシンボルキャラクター「ベリーちゃん」をモチーフにしたご当地ナンバーに石坂市長は「それなりにいいんじゃない」と笑いを誘いつつ、「真岡は生産地日本一の横綱。デザインもずばりイチゴそのもの。オール栃木でイチゴを盛り上げるのはいいこと」と強調した。

 (問)市税務課0285・83・8112。