皿の上に堂々とのるやしおポークの厚切りステーキは厚さ約3センチで、大人の手のひらほどの大きさ。肉質が軟らかく味が濃い点が特徴で、コークスを使った専用の器具で調理するため厚切りでもジューシーに焼き上げる。

 グリル料理で選べるソースは、パプリカを使ったペペロナータや辛口のアラビアータなど11種類と豊富。代表の綱川あけみ(つなかわあけみ)さん(43)は「前回と違うソースにしようかなと、飽きずに何度も楽しんでもらえる」と自信をみせる。さっぱり味わいたい夏に向けてはピクルスマスタードがお薦めという。

 「気軽にお肉を味わえる」が店のコンセプト。牛や鶏、子羊といった中から選べる肉料理と、ハーフサイズのパスタ、サラダ、デザート、飲み物が付いて税込み1580円から用意している。

 店はJR矢板駅東口前の市街地活性化拠点施設「街なかにぎわい館ココマチ」の1階に入るカジュアルレストランで、アンティーク調の店内と明るさを抑えた照明が落ち着いた雰囲気を演出。カフェタイムもありコーヒーやデザートも充実していて、食後はゆっくりと過ごしたくなる。

 ◆メモ ランチの厚切りポークステーキとパスタセットは2300円▽矢板市末広町19の4▽営業時間 午前11時半~午後8時▽定休日 月、火曜(火曜はランチのみ午後2時半まで営業)▽(問)0287・43・6077。