コクと辛さのあるみそ味のスープと、もちもちとした麺がほどよく絡む。丼にはチャーシューやワンタンなどの具材がふんだんに盛り付けられている。

 麺は自家製で手もみの中太麺で、こしが出るよう5種類の小麦粉を使用。スープは北海道産のみそにニンジンやタマネギ、ニンニクなどをブレンドして作る。

 4種類の唐辛子のほか、さんしょうやニンニクをごま油に加えた自家製ラー油をこのスープに入れたのが「激旨みそ」だ。代表の鈴木秀一(すずきしゅういち)さん(50)は「唐辛子の風味や食べた後の爽やかさを感じられるラーメンにした」と胸を張る。

 「ふうふう亭」は、2000年5月3日にオープンしたラーメン専門店。「できる限り手作りにこだわりたい」と、麺を自家製麺に変更するなどしてきた。スープに使うみそ造りを近く行う考えで、鈴木さんは「いいものができたら、このみそを使ったラーメンを限定で提供したい」と意気込む。

 客層は家族連れが中心。「開店当初、中学や高校生だった客が親となり、子どもを連れて現在も来てくれる方も多いのがうれしい」と笑顔を見せる。

 素ラーメンのスープは、みそのほか、しょうゆや塩のあっさりとこってり系の計12種から選べる。

 ◆メモ 素ラーメンは税込み650円▽那須塩原市春日町121の140▽営業時間午前11時半~午後3時、午後6時(土日祝日5時)~9時▽定休日木曜、4週目の水曜(他の水曜は夜のみ休業)▽電話0287・64・2205。